薬剤師派遣で柔軟な働き方を実現

薬剤師派遣

薬剤師派遣で働く場合、メリットもありますがデメリットもありますね。
どちらも理解して、働く事が重要です。

デメリットについてしっかり理解してから薬剤師派遣で働くのであれば、将来的に仕事探しに困る事は少なくなると思います。

やはりある程度の年齢ともなれば正社員として、腰を落ち着けて働きたいという方も増えるのですが、派遣歴が長く派遣先が多すぎる履歴書はあまり良い印象を与えない場合もあります。

気にしない、という調剤薬局経営者もいますが、そうした可能性はあると言うことは抑えておかれると良いかと思います。

派遣薬剤師として働く場合、普通にパート・バイトとして働くよりも時給が高いですよね。
福利厚生も充実している派遣会社も多いです。

派遣薬剤師として時給3,000円で勤務、月50万ほど収入を得ているよ、という薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

時給の高さが手取りの高さに直結しますよね。

正社員として働くよりも高給与・・・と言うことで、何かの話題の際に派遣薬剤師の給与の高さにビックリされた事がある方も多いのではないでしょうか。

私もそのうち派遣で働いてみよう、というきっかけが派遣さんとの会話という方もいらっしゃいますね。

高額時給の派遣薬剤師求人ともなれば、時給4,000円以上もありますからね。
時給が1,000円も違うと、月収でかなり大きな差になってきます。

薬キャリ 派遣

派遣として働くメリットは、期間を決めて働きやすい事が一つ挙げられます。

事情があって1年、半年といった期間で働きたい場合には、薬剤師派遣はとても都合が良い働き方ですね。

派遣会社によっては単発・スポット派遣求人の紹介も対応していますから、ダブルワークや空いた日に不定期に働きたい薬剤師さんから人気の高い働き方になっています。

薬剤師単発派遣のお仕事は、結構狙い目と思います。

小さなお子さんがいるママ薬剤師の方の場合だと、なかなか正社員として働くのが難しい時期が続く場合も多いでしょうから、両親に子供を預けられる日や、ご主人が休みの日などを利用して、1日だけ働けたら、という場合もあるでしょう。

そうした時、薬剤師単発派遣として働く事が出来ます。

単発・スポット派遣の場合には急募が多いので、時給3,000円など高時給・高給与の求人も多いのが特徴ですね。

単発・スポット派遣に関しては、対応している派遣会社を探す必要はあります。

上手く派遣会社を利用する事で、かなり柔軟な働き方を実現出来ますね。