薬剤師派遣で柔軟な働き方を実現

病棟保育士

人手不足の保育士業界。

転職活動を始めてみたら引く手あまた、といった状況になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

すぐに内定が出たけれどもう少し、よく考えてから就職先を決めたい。
という方も多いかもしれませんね。

保育士が働く職場は、今は非常に沢山ありますよね。

今後、需要が高まると考えられているのが病院で働く保育士です。

病棟保育士、医療保育士ともいわれますが、どちらも同じ病院で働き保育に当たる保育士の事を挿します。

小児科病棟のある病院には、短期の入院、長期入院も含めて多くの子供達が入院しています。

小さな子供達にとって、遊びもとても大切なもの。

特に長期入院の子供達にとっては、親や看護師、医師とは違う大人と触れあう貴重な時間とも言えます。

保育士と遊ぶ時間を持つ事で、少しでも不安を忘れたり、笑顔が出る事もあります。

入院している子供達の親御さんにとっても、保育士にケアしてもらえる時間は少し、肩の力を抜ける時間。

お子さんによってはずっと愚図ったり、暇といって少し乱暴になったり。
小さなお子さんの場合には、24時間付き添いが必要なので、特に疲労を隠せない親御さんもいます。

お子さんも、ご家族も含めてケアが必要な場合も多いです。

病棟保育士として働くには、保育士の資格があれば可能です。

しかし、実際には病院で働くわけですから通常のお子さんの保育よりも難しい場面も多いため、新卒でいきなり病棟保育士になるケースは珍しいようです。

ある程度、保育園などで経験を積んでから、転職を目指す、という方法が現実的でしょう。

小児科病棟のある病院を中心に転職活動を行う事になります。

病棟保育士求人 大阪

需要は高いのですが、求人自体はまだまだ少ない状況です。

また、採用情報があっても若干名の場合が多く、応募者多数の中から採用に至らないケースも多いのではとも思います。

病院に採用される病棟保育士ではなく、病棟保育の業務委託を受ける企業で働く、という方法もありますね。

保育士人材紹介会社などを利用すると、こうした病棟保育の業務委託のある企業などについても求人情報を得られる事があります。

求人に関しては出会えるかどうか、タイミングがとても重要ですね。

狭き門といえる病棟保育士の仕事を目指されるのであれば、情報収集を継続して行う事は重要かなと思います。